プライムビデオの録画について解説!法律や規約違反になる?

プライムビデオの録画について解説!法律や規約違反になる?

Amazonプライムビデオにはダウンロード機能があるので視聴したい動画を何時でもオフラインで視聴することが出来ます。

ただし、当然ですがお気に入りの動画も配信期間が終わってしまえば視聴できなくなり、ダウンロード一覧からも消えてしまいます。

プライムビデオの動画をダウンロードではなく録画できたら便利ですが、これをやってしまうと法律的にグレーゾーンで、利用規約的には完全な違反行為になります。

ダウンロードと録画は違うの?

ダウンロードはプライムビデオの公式アプリ上でのみ出来る行為で、ダウンロードできる動画もプライムビデオが許可した作品のみになります、またダウンロードした動画には30日間の視聴期限があり、視聴期限や配信期間を過ぎた動画は自動的に削除されます。

対して、録画はフリーソフトを使って行うものなので全ての動画を無制限で録画できます、ただし明確な規約違反になる許可されていない行為なのでバレればアカウントの停止、最悪損害賠償も発生する危険な行為です。

著作権関連の法律は厳しくなっているので、今後は法的に裁かれてしまう事態にもなるかもしれません。

多分、録画の方法を探している方は軽い気持ちかもしれませんが、リスクとリターンを考えると止めておいたほうが無難です。

録画は利用規約になる?

利用規約には下記の記述があります。

Amazonプライムビデオ利用規約 4.本デジタルコンテンツ l.一般的制限
お客様は、以下のことを行うことができません。 (i) 本利用規約にて許容されている場合を除き、本デジタルコンテンツを譲渡、複製もしくは表示すること、 (ii) 本デジタルコンテンツについての権利を販売、レンタル、賃貸、配布もしくは放送すること、 (iii) 本デジタルコンテンツに付された所有権通知や権利表示を削除すること、 (iv) 本サービスの一部として用いられているあらゆるデジタル権利管理システムもしくはその他のコンテンツ保護システムを無効化、回避、改変、打破その他迂回することを試みること、または (v) 本サービスもしくは本デジタルコンテンツを商用もしくは違法な目的で利用すること。

上記規約の「お客様は、以下のことを行うことができません。 (i) 本利用規約にて許容されている場合を除き、本デジタルコンテンツを譲渡、複製もしくは表示すること、」の部分を読むに、Amazonプライムビデオのコンテンツを許可無く録画をするという事は複製に当たりますので規約違反に該当してしまいます。

また、規約違反が発覚した場合の対応として以下の記述があります。

Amazonプライムビデオ利用規約 6.その他の条件
アマゾンは、その裁量において、(適用法によって要求される場合を除き)通知なしに、本サービス(本サービスの一部として利用可能なサブスクリプションを含む)へのお客様のアクセスを終了させることができます。アマゾンがこのような終了をさせる場合には、お客様のサブスクリプションフィー(もしあれば)について、比例配分での払戻しを行います。但し、お客様が本利用規約の条件を遵守しない場合、本利用規約に基づくお客様の権利は、アマゾンからの通知なく自動的に解除され、アマゾンはその裁量において、何らの料金の払戻しなしに、直ちに本サービスおよび本デジタルコンテンツへのお客様のアクセスを無効とすることができます。その場合、お客様は、ダウンロード済みの本デジタルコンテンツをすべて削除しなければなりません。

但し、お客様が本利用規約の条件を遵守しない場合、本利用規約に基づくお客様の権利は、アマゾンからの通知なく自動的に解除され、アマゾンはその裁量において、何らの料金の払戻しなしに、直ちに本サービスおよび本デジタルコンテンツへのお客様のアクセスを無効とすることができます。その場合、お客様は、ダウンロード済みの本デジタルコンテンツをすべて削除しなければなりません。

この部分を読む限りは規約違反がAmazon側にバレてれてしまうとアカウント停止になる可能性があります。

Amazonはこの辺りに結構厳しいので甘く見ないほうが良いと思います。

公式のダウンロード機能を使う分には何の問題も無いので、配信が終了したらそれまでという一期一会の気持ちで作品を視聴しましょう。

安心安全のダウンロード

録画は駄目でも公式のダウンロード機能なら問題無くで利用できます。

ダウンロードした動画の視聴期限は無制限とはいきませんが30日間と他社へと比べると長期間となっています。

一度視聴を開始してしまうと視聴期限は48時間になるので、再生ボタンを押すときは一気に見る準備をしてから押しましょう。

また、ダウンロードは1つのアカウントで25本まで可能です、それ以上ダウンロードするには前にダウンロードした動画を削除する必要があります。

プライムビデオのアプリは認証通信無しで起動するので、海外でもダウンロードした動画は視聴できます、他社では認証通信を行うので圏外や国外では使用できないVODが多いですが、プライムビデオはどんな状況だろうと使用できます。

⇒【ダウンロード機能について解説

どうしても録画したい

法律的には違法ダウンロードにはなりませんが、規約違反には間違いなくなります。

前述したように、Amazonは違反行為に厳しいので、発覚すれば損害賠償を請求される可能性も大いにあります。

法律的にも現状はセーフではありますが、この記事を書いている2019/03/01では違法ダウンロードの範囲を拡大する事が大きな議論になっています、著作権関連の法律は年々厳しくなる一方なので、いつアウトになっても可笑しくありません。

録画はキャプチャソフトを使えば出来ると思いますが私としては全くオススメ出来ないので、当サイトでは録画の具体的なやり方は控えさせて頂きます。

動画の録画には全編再生する必要があったりと面倒くさい部分が多いですし、プライムビデオのダウンロード機能は優秀なので、直ぐにわざわざ録画する必要は無いと感じると思います。

まとめ

  • 録画は利用規約違反になる
  • 規約を違反するとアカウント停止の可能性もある
  • ダウンロード機能なら安全に使える

プライムビデオで配信されている動画の録画は規約違反になります。

規約違反になればアカウント停止や損害賠償を求められる可能性があります。

プライムビデオのダウンロード機能なら幾ら使っても規約違反にはならないので、録画ではなくダウンロードを使いましょう。

ちなみに当然ですが、プライムビデオに限らず何処のVODも録画は規約違反になります。

管理人の動ガメ
管理人の動ガメ
ここで管理人オススメのVODをご紹介!

※全て無料期間中に解約すればタダで使えます!

U-NEXT

U-NEXT

作品数 140,000本以上
無料期間 31日間
月額料金(税抜き) 1,990円

U-NEXTは月額1990円(税抜き)で14万本以上の映画やドラマ、アニメを視聴出来る事に加えて、3万本以上のアダルト作品を配信している珍しいVODとなっています。

動画以外では、雑誌70誌以上が読み放題、電子書籍33万冊以上読める「VOD」という言葉では収まらない巨大なエンタメサービスとなっています。

毎月付与される1200ポイントは、新作動画レンタルや電子書籍の購入に使えるだけでなく、NHKオンデマンドの支払いにも使用出来る優れものです。

私も数多くのVODを使ってきましたが最も使い勝手が良いのがU-NEXTでした、どんな方であっても満足できるサービスだと思います。

U-NEXTの詳細な解説はこちら

Hulu

hulu

作品数 50,000本以上
無料期間 2週間
月額料金(税抜き) 933円

月額933円(税抜き)で5万本の作品を全て見放題で視聴できます、レンタル作品が1本もないので非常にシンプルで解り易いシステムになっています。

Huluの一番の強みは海外ドラマの充実度です、他社も海外ドラマには力を入れている所は多いですが、現状はHuluが業界トップです、しかも全作品を見放題で視聴できるのは嬉しいですね。

また、日テレの関連会社が運営しているので日テレのドラマやバラエティも殆ど独占配信しています。

Huluの詳細な解説はこちら

FODプレミアム

作品数 20,000本以上
無料期間 1ヶ月
月額料金(税抜き) 888円

FODプレミアムはフジテレビで提供している動画配信サービスで、フジテレビのドラマやバラエティを独占配信しています。

月額料金は888円と平均的な価格設定ですが、動画2万本以外にも電子書籍(漫画)15万冊以上が配信されていて、雑誌100誌以上が読み放題になります。

更に、毎月最大で1300円分のポイントが付与されています、これだけで月額料金を大きく上回るのでお得感が強いですね、ポイントは動画レンタルだけでなく電子書籍にも使えるので幅広い用途に使えます。(無料期間でも最大1300ポイント付与されます)

ここでしか見れない動画が多いので、他社と被らない魅力あるサービスになっています。

FODプレミアムの詳細な解説はこちら

\主要VODを徹底的に比較しました!/主要VOD全社徹底比較

関連記事
⇒【Amazonプライムビデオは家族と共有して使える?

⇒【Amazonプライムビデオのメリット・デメリットまとめ

amazonプライム・ビデオカテゴリの最新記事