dTVの支払い方法まとめ!支払い方法の変更や注意点を解説

dTVの支払い方法まとめ!支払い方法の変更や注意点を解説

dTVは月額500円で登録できる格安VODとして知られていますが、どんな支払い方法があるのでしょうか?

VODの支払い方法で多いのはクレジットカード払いなので、クレジットカードを持っていない人は他の支払いを方法があるのか気になる所ですよね。

そこで今回はdTVの支払い方法についての解説をしていきますので、参考にして頂ければと思います。

dTV

dTVの支払い方法は?

dTVの支払い方法は3種類あります。

  • クレジットカード払い
  • ドコモケータイ払い
  • デビットカード払い

上記の支払い方法から選択する事ができます。

ただし、デビットカード払いは公式サイトには載っていない支払い方法になります。

クレジットカード払い

クレジットカード払いならポイントも溜まるので、多少ですがお得な支払い方法となります。

  • VISA
  • JCB
  • MASTER
  • American Express

上記の4種類のクレジットカードが使用可能です。

ダイナースは使用する事ができません、また海外で発行されたカードは上記4種類でも基本的に使用できないものと思ってください。

ドコモケータイ払い

ドコモケータイ払いはドコモユーザーだけが使える支払い方法になります。

この支払い方法を選択すると、月々の携帯料金にdTVの料金が加算されて請求されるので、支払いが纏まって楽です。

デビットカード払い

デビットカードとは15歳以上から発行できるカードで、クレジットカードのように後払いではなく、その場で銀行口座から引き落とされるカードです、そのため口座残高を超える支払いはできないので使いすぎる心配がありません。

このカードは高校生以上なら審査も無く誰でも作れるので、ドコモユーザーでもなく、クレジットカードも作れない人にはお勧めの支払い方法です。

クレジットカード払いの変更方法

支払い方法の変更には「My doocomo」からdアカウントにログインします。

My doocomoの「お支払い方法変更」ボタン

お支払い方法変更」を選択します。

ご注意・ご確認事項

PCをご利用の方はこちら」か「スマートフォンをご利用の方はこちら」を選択してください。

メニュー一覧の「クレジットカード番号の変更」ボタン。

クレジットカード番号の変更」を選択してください。

クレジットカード番号の変更ページに移動するので、新しいカード番号やセキュリティコードを入力すれば変更できます。

ドコモケータイ払いからクレジットカード払いやデビットカード払いに変更したい場合は、新規にdアカウントを発行してdTVに登録し直す必要があります。

支払いに関する注意点

日割り計算はされない

dTVの支払いは毎月1日~末日の分を日割り計算なく請求されます、つまり1日に有料登録しても、30日に有料登録しても、当月分の月額500円をきっちり取られる事になります。

有料会員になるつもりでも無料期間中に一旦解約した方が良い

日割り計算が無いので、月の最終日に無料期間が終わった場合、1日しか使っていなくても翌月初めに先月分の月額料金500円をキッチリ請求されることになります。

有料会員になるつもりなら、一旦無料期間内で解約して、翌月1日に有料会員登録した方がお得となります。

無料期間中に解約すれば料金は掛かりませんが、油断して無料期間を過ぎてしまうと元も子もないので、余裕を持って2日~3日前には解約しておきましょう。

⇒【dTVを解約する方法

dポイントで月額料金の支払いはできない

dポイントでの月額料金の支払いはできません。

その代わり、レンタル動画の支払いにはdポイントを使う事は出来るので、dポイントが余っている人は動画レンタルに使ってみてはいかがでしょうか。

⇒【dTVで動画をレンタルする方法

まとめ

  • dTVの支払い方法は、ドコモケータイ払い、クレジットカード払い、デビットカード払い、の3種類
  • ドコモケータイ払いを選択できるのはドコモユーザーだけ
  • 月額料金の日割り計算は無い

dTVには3種類の支払い方法がありますが、ドコモユーザー以外だとクレジットカードかデビットカードしか支払い方法はありません。

この中でクレジットカードを持っていない人は、デビットカードしか支払う手段がないという事になります。

デビットカードは誰でも審査なく作れますので簡単に用意できると思います、31日間の無料トライアルを受けるには支払い方法を入力する必要があるので、いずれかの支払い方法を用意しておきましょう。

管理人の動ガメ
管理人の動ガメ
ここで管理人オススメのVODをご紹介!

※全て無料期間中に解約すればタダで使えます!

U-NEXT

U-NEXT

作品数 140,000本以上
無料期間 31日間
月額料金(税抜き) 1,990円

U-NEXTは月額1990円(税抜き)で14万本以上の映画やドラマ、アニメを視聴出来る事に加えて、3万本以上のアダルト作品を配信している珍しいVODとなっています。

動画以外では、雑誌70誌以上が読み放題、電子書籍33万冊以上読める「VOD」という言葉では収まらない巨大なエンタメサービスとなっています。

毎月付与される1200ポイントは、新作動画レンタルや電子書籍の購入に使えるだけでなく、NHKオンデマンドの支払いにも使用出来る優れものです。

私も数多くのVODを使ってきましたが最も使い勝手が良いのがU-NEXTでした、どんな方であっても満足できるサービスだと思います。

U-NEXTの詳細な解説はこちら

Hulu

hulu

作品数 50,000本以上
無料期間 2週間
月額料金(税抜き) 933円

月額933円(税抜き)で5万本の作品を全て見放題で視聴できます、レンタル作品が1本もないので非常にシンプルで解り易いシステムになっています。

Huluの一番の強みは海外ドラマの充実度です、他社も海外ドラマには力を入れている所は多いですが、現状はHuluが業界トップです、しかも全作品を見放題で視聴できるのは嬉しいですね。

また、日テレの関連会社が運営しているので日テレのドラマやバラエティも殆ど独占配信しています。

Huluの詳細な解説はこちら

FODプレミアム

作品数 20,000本以上
無料期間 1ヶ月
月額料金(税抜き) 888円

FODプレミアムはフジテレビで提供している動画配信サービスで、フジテレビのドラマやバラエティを独占配信しています。

月額料金は888円と平均的な価格設定ですが、動画2万本以外にも電子書籍(漫画)15万冊以上が配信されていて、雑誌100誌以上が読み放題になります。

更に、毎月最大で1300円分のポイントが付与されています、これだけで月額料金を大きく上回るのでお得感が強いですね、ポイントは動画レンタルだけでなく電子書籍にも使えるので幅広い用途に使えます。(無料期間でも最大1300ポイント付与されます)

ここでしか見れない動画が多いので、他社と被らない魅力あるサービスになっています。

FODプレミアムの詳細な解説はこちら

\主要VODを徹底的に比較しました!/主要VOD全社徹底比較

 

関連記事
⇒【dTVで動画をダウンロードする方法

⇒【dTVのメリットとデメリットを詳細解説

dTVカテゴリの最新記事